にきび痕の種類と対策は?

にきび痕にはいくつかの種類があり症状に応じて対応策が異なります。
メラニン色素が表皮に残す肌のシミのようなものが、色素沈着で残ってしまうにきび痕というものです。
少しずつ時間の経過によって、表皮にできた痕なら薄くなっていくでしょう。
メラニン色素の真皮層にできたにきび痕はどんなに時間がたっても消えないといいます。
必要なのは、ケミカルピーリングで皮膚の古くなった角質を除去したり、ビタミンCの導入で皮膚の活性化を図ることです。
にきびがなくなった後も赤みが残っている場合、皮膚の内部はまだ炎症が起きている可能性があります。
赤みが引く期間は人によって差があり、数週間で消える人もいますが、数年かかる場合もあります。
赤みが残ったにきび痕は太陽光にさらさないようにしたほうが、紫外線に肌をさらすと炎症が悪化する可能性がありますので良いでしょう。
炎症をビタミン誘導体の導入や、ホルモンバランスの活性化により鎮めるという方法も一つの対策になります。
皮膚の再生能力までが損傷しているため最も困難なにきび痕が、肌に凹凸が残るケースではないでしょうか。
深い凹みの解消は困難ですが、比較的浅い凹みであれば回復の見込みもあるようです。
必要なのは焦らず時間をかけて取り組むことです。
にきび痕の完全な回復には皮膚科や美容外科の施術を受けなければならない場合もあります。
しみ原因と早く消す方法は?【実は紫外線以外も要注意?】