リフォームをしてフラット35Sを利用できる?

中古住宅を購入する際にフラット35Sを利用したいという場合には、適合条件を満たすために売り主側がリフォームをおこなう必要があります。
たとえば売買契約が済んでしまってから購入者側がリフォームをおこなうという形ではフラット35Sは不適合になってしまうのです。
これをクリアしてフラット35Sを利用するのであれば、リフォーム費用を購入者側が負担して住宅の引き渡しをする前に売り主側の許可を得てからリフォーム工事を完成させて、適合証明のチェックをしてもらうという方法を取るのが良いでしょう。
リフォームに関してはトラブルにならないように、売り主と購入者だけではなく仲介業者を通じてきちんと契約をすることが大切です。