フラット35の審査基準の実態は?

フラット35を借り入れる最低限の条件は、住宅に対する技術基準を満たし、物件検査に合格すること、また、借り入れを行う人に関する審査基準の両方を満たしていなければなりません。
技術基準に関しては明記されているのですが、年収、返済比率、職業等、返済能力に関わる基準は明記されていないのが現実です。
そしてそれぞれの金融機関によっても基準が変わっています。

従って、借り入れ申し込みの際、ひとつの銀行にターゲットを絞らず、複数の銀行の資料請求をし、申し込むことがすすめられます。
フラット35に申し込んだものの、通らなかった場合、その理由は問い合わせても教えてはもらえません。
従って審査に落ちた時の状況から推測するしかありません。
例えば、金融機関の仮審査では通ったにも関わらず、住宅金融支援機構では落ちてしまったという事例は多いです。
これに関しては、民間金融機関の基準の甘さが現在指摘されていることから、これまでよりも厳密な基準を適応しているのではということが推測されます。
従って、フラット35では民間の住宅ローンに比べて基準が高いということが言えます。
まず、銀行の専門家に、現状をありのまま説明し、相談して理由を把握し、次なる対策を立てることが必要です。